忍者ブログ
薄桜鬼にハマってしまった主のブログです。他にもオリジナルイラストなど一部BL要素があります。
[239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ、本日は「京都レポ」の予定でしたが。
都合により「機巧童子ULTIMO」を読んで、をお届けしまっす\(*`∧´)/


09.03.05.jpg

クリックで別窓です。

続きはネタバレというかストーリーのあらすじ的なレポです。
これから読む方、苦手な方はご注意を。

大まかなあらすじ

12世紀― 日本・京都 ―
貴族専門の山賊をしていた、大和達は1人の老人と出会います。
老人が引いている大きな2つ箱を「貴族への献上品」と思い、強奪する為
箱を開けます。

そこには「善」の人形ウルティモと
「悪」人形バイスの2つの人形が入っていました。

箱をあけたことにより、「悪」の人形に仲間を奪われ。
「善」の人形に
   「情は 殺すには値しない「善」の心だ」
と 助けられますが、「善」「悪」の強大な力のが衝突してしまいます。

そして・・・・・

21世紀―
大和は幼馴染のルネと共に、町の骨董屋で人形として、飾られている
ウルティモに再び出会います。
ウルティモは
 「ウルはとてもお会いしとうございました!」
と大和を「主」と呼び再開を喜びました。

ですが、「悪」の人形バイスも「主」をみつけ、 また現代に甦り大和に刃を向けます。
ウルティモは大和を、世界を守る為に・・・・・

って言う感じなのですよっ!

「殿」っとかっ!
「大和(主人公)様。」とかっ!
「それだけでウルは嬉しくて力が湧きます」とかっっ(>△<*)

 可 愛 い っ (*゚д゚*)

妄想・・想像膨らむウルの会話がたまりません。
とりあえず 初っ端の12世紀の京都で、どう転んで大和が「殿」になってウルが
小姓になったんだぁぁぁぁあぁーーーー!

そしてルネ、何が・・・
 「やだ・・・・大和くんってやっぱり・・・・」
だぁぁぁぁっ
腐女子心をくすぐるんじゃないって!

え・・・?次は4月4日発売?
待てませんよっ早く続き~っヾ(。`Д´。)ノ

気になる方は是非読んでみてネ(*´∇`*)ウルカワユス
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
おとは ひか
性別:
女性
自己紹介:
  趣味:イラスト描き
  裁縫(Dollの服ナド)

  薄桜鬼が大好きで
  斎藤さんLOVEすぎ
  る人のブログ。
  自重できそうにな
  い。

  Pixiv参加中です。

  
カウンター
ブログ評価 レーダー
最新コメント
(08/25)
うわーー(返信済)
(05/23)
無題(返信済)
(05/12)
(04/14)
キャーキャー(返信済)
(04/08)
ブログ内検索
最古記事
最新トラックバック
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]